12月 24

インターステラ―

 

今宵はイブ!(といっても、昔から、あっしには、余り縁のあるものじゃあござんせんが)

「インターステラ―」

「インセプション」のクリストファー・ノーランによるオリジナルの新作。地球上における

飢饉や気候変化により人類滅亡が迫る近未来、元エンジニアのクーパーは、愛娘マーフら

家族や人類を救うため、数少ないクルーとともに宇宙の果てへと旅立つ。(キネマ旬報

からの抜粋)

すみません、また地球を救う(実際そうなのですが)アドベンチャーものだと思っていました。

83点

 今年の洋画は「バルフィ!人生に唄えば」がワタクシの(今のところの)トップだと

思っていたのですが、さすが、クリストファー・ノーラン監督。

これが、また、オリジナルというんだから、それがすごい。

2年前のワタクシめの洋画第1位も、この監督の「ダークナイトライジング」でしたが、

ともかく、知と情、また、アカデミックでありヒューマニズム。これをうまくミックスさせて、

映画のおもしろさを追求したような作品。芸術性もあり、知的好奇心を揺さぶり、

そうかというと、娯楽的な要素もたっぷり含まれている。

出来としたら、完璧に近いと言えば、言い過ぎか・・・・・言い過ぎです。