Category: 日々徒然に

1月 20

女の園

「女の園」 1954年 昭和29年 木下恵介監督作品 高峰秀子 高峰三枝子 久我美子 岸恵子などが出演。 今では考えられない封建的抑圧を 描いています。 当時の風俗を絡め、 作家性の強い名作です。(これも観たかった1本で …

Continue reading

1月 18

37セカンズ

「37セカンズ」 ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞と 国際アートシアター連盟賞をダブル受賞した人間ドラマ。 出生時に37秒間の呼吸が止まったことが原因で、 手足が自由に動かせない貴田ユマは、 自分にハンデがあることを …

Continue reading

1月 14

キャッツ

「キャッツ」 1981年の初演以来、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を映画化。 若く臆病な白猫ヴィクトリアは、 ロンドンの片隅のゴミ捨て場に迷い込み ”ジュリクリキャッツ”と呼ばれる猫たち …

Continue reading

1月 07

にっぽん昆虫記

「にっぽん昆虫記」 好きな監督の一人、今村昌平作品。 観たかった一本です。ネットフリックスから観ました。 1963年作品の名作の一本。 当時の風俗を描き、 強い女性を、左幸子が演じています。   コロナ、又、猛 …

Continue reading

1月 05

私をくいとめて

「私をくいとめて」 「勝手にふるえてろ」に続き、綿矢りさの原作を 大九明子監督が映画化。 30歳を越えるも”おひとりさま”の生活が板についた黒田みつ子。 脳内にいるもう一人の自分”A& …

Continue reading

12月 28

東海道四谷怪談

「東海道四谷怪談」 初見です。 観たかった日本映画の名作の1本です。誰もが知っている、 超有名なお化け映画。 製作、公開も1959年の夏。 鶴屋南北の狂言でもあるのですが、 あの忠臣蔵と表裏をなす設定とは知りませんでした …

Continue reading

12月 23

罪の声

「罪の声」 グリコ・森永事件をモチーフにした塩田武士による同名小説を映画化。 記者の阿久津は、昭和最大の未解決事件を追う 特別企画班に呼ばれ 取材を重ねていた。 一方、テーラーを営む曽根は 事件の脅迫テープに自分の声が …

Continue reading

12月 21

ワイルド・スピード SKY MISSION

「ワイルド・スピード SKY MISSION」 このシリーズ、初めて観たのですが 確かに、面白いです。あまりに派手な展開で、 ぶっ飛びました。(笑)   忘年会も、何もかも中止。 寂しいです。(笑) でも、映画 …

Continue reading

12月 16

浅田家!

  「浅田家!」 自身の家族にさまざまなコスプレをさせて 撮影する写真家・浅田政志の実話を二宮和也主演で映画化。 家族が”なりたかった自分”のコスプレをした家族写真をきっかけに プロの写 …

Continue reading

12月 09

原爆の子

  「原爆の子」 広島生まれの 新藤兼人監督の1952年の作品。 戦後すぐでもあり、米国の監視下もあって、描写が甘いという 指摘もあったそうですが・・・・。 よく造られたなとは誰しも思うのではないでしょうか。 …

Continue reading