rss ログイン
 - 大阪 山本硝子建材株式会社 窓リフォーム リクシル・旭硝子 代理店

光熱費節約と窓にどんな関係があるの?

 

光熱費節約と窓にどんな関係があるの?

窓から出入りする熱、実はこんなに多いんです。

クーラーをつけても涼しくなりにくい、ストーブをつけても暖かくなりにくい。 それは涼しさや暖かさが、窓からどんどん逃げていることが原因かもしれません。

一枚ガラスだと、冬の暖房時でも、48%もの熱が窓から外へ流れ出ているのです。

また、夏に窓から入り込む熱は、家全体の71%にまで達します。 今回は暖房に焦点を当て、無駄なエネルギー消費を防ぐための窓への配慮を考えてみましょう。

窓から逃げる熱を少なくすることが、暖房効果UPのカギ。

不必要なエネルギー消費を防ぐには、窓から逃げる熱を少なく抑えることが重要。 常に熱を逃さず、効率良く蓄えておくことで暖房の効果を高めることができます。 そのためには、外気の影響を受けにくくする「断熱」がポイントです。

 

 

ガラスの間に空気層をつくって、断熱効果をアップ。

住まいの断熱効果を上げるには、外気温から影響を受けにくくする室内の構造も大切ですが、熱の移動を妨げる機密構造に優れた窓ガラスの設置が有効です。

そこで、外気の影響を受けにくいように2枚の窓ガラスで空気の層をつくった、複層ガラスへの取り替えをおすすめします。

 

 

複層ガラス〈サンバランス〉にすると、断熱性能約2.3倍アップ。

ガラスに特殊な膜をコーティングし、ガラスの空気層にある熱の移動をさらに抑える構造にした〈サンバランス〉だと一枚ガラスと比べて暖かい空気を保ちやすくします。

冷暖房の風や熱を逃しにくい環境にすることで、光熱費の削減になります。