7月 14

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

「レディ・バード」のG・ガーヴィグ監督が、

S・ローナンと再びタッグを組み、

”若草物語”を映画化。

19世紀、アメリカ。

メグ、ジョー、ベス、エイミーは、マーチ家の四姉妹。

ある日、ジョーはダンス・パーティーで、

資産家ローレンス家の

一人息子ローリーと出会う。(キネマ旬報からの抜粋)

 

この作品、評判も良かったのですが、本当に観たかったです。

なんといっても、

最近の私のお気に入り、

シアーシャ・ローナン嬢の主演だからでもあります。

「つぐない」 「ブルックリン」 「レディ・バード」などなど

出演した作品自体も素晴らしいのですが、

彼女の存在感の大きさには、誰もが納得するものでした。

それほど見事な演技を見せるのですが、

この作品も本当に圧巻の演技を見せてくれました。

監督は、「レディ・バード」に続いてタッグを組んだグレタ・ガーヴィグ。

こちらも売り出し中の女性監督。

撮影も素晴らしいが、

演出、シャッフル方法、編集、モンタージュが お見事!

エマ・ワトソンも綺麗。

どっかで見たことあるなあというぐらい最近売れっ子のローラ・ダーン(笑)。

 

個人的には、途中までは完璧なのですが、

原作通りとはいえ、ラストは

一気に成功の嵐(結婚、お金など)。

若干、そこにひいてしまったのですが、

見直したら、評価は変わるかも(笑)  80点

 

原作の純粋さとジョーの現在と現実を見事に調和させた作品。

 

理想と現実に苦しむ女性たち・・・・・それを作品は反映させます。

 

家族の主である(金儲けの下手な)父親は正しいことをしているんだと、

わかってはいるが

家族は大変な目に合う。

だからこそ、父を支える。

 

ほとんどの人は才能や理想、夢を捨てて現実を(生きていくこと)考える。 (俺もか!(笑))

 

家族とは、時間が流れるとは、そして、アメリカの歩んだ歴史とは・・・・また勉強させていただきました。

 

(閑話休題)それにしても、今年の梅雨も難儀。

 

 

 

 

7月 07

MOTHER マザー

「MOTHER マザー」

実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。

男たちとゆきずりの関係を持ち、

その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。

そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。

やがて身内からも

絶縁された母子は

社会から孤立し・・・・・・・。(キネマ旬報からの抜粋)

いやあ、3か月以上、

ご無沙汰でした。やっと、劇場新作が封切られましたので、

久々の鑑賞です。

日本映画で本年、再スタートです。

本当は評判の高かった

1か月前に封切りされた

外国作品の「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」にしようと思って

いたのですが、

前述のように父が亡くなり、

機会を逸していました。が、

ようやく、劇場で観ることが出来ました。

もちろん、入場時に手指消毒、検温、前後左右の席は空席でした。

お客様の入りも、もひとつなのは仕方ないですね。

 

さて、この作品。

評価は高いのですが・・・・・、私としては。

製作は最近話題作を連発する、スターサンズ。

監督は最近では、「タロウのバカ」や「日日是好日」など、好調な大森監督。

でも、これは、やや長く感じる。

僕の好きな評論家のお一人。

朝日新聞の石飛記者、曰く

”半径5メートルのことしか描かない日本映画”

という言葉に当てはまるような作品。

別に全然それが悪いわけではないけど、これは何か後味がよくない。

夏帆さんは、良い。

長澤まさみさんも、うまいけど、適役じゃあない。

「青春の殺人者」のセリフを思い出しました。

身内の殺人に

”うちの家庭のことだから、ほっといて!”

78点

 

 

 

 

 

7月 03

アイリッシュマン

「アイリッシュマン」

マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが24年ぶりに

タッグを組んだギャング映画。

伝説的マフィア

ラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋フランク・シーラン”アイリッシュマン”の

目を通して第二次世界大戦後のアメリカ裏社会を描く。

Netflixでの配信に先立ち、一部劇場で公開。

(キネマ旬報からの抜粋)

やっと、観れました(笑)。

共演は、アル・パチーノ、ジョー・ぺシ、ハーヴェイ・カイテルなど。

面白いけど、見直さないと

人物設定にわかりずらいところが少し有り。

でも、3時間半は、ちと長い。

配給会社の影響か、

撮影方法が、テレビ的なのが、気になる。

 

旧友の O君、最近、私のブログを読んで、たびたび自身の感想文を

送ってきます。

(最初に送ってきたのは、ちょうど6年前に私がこのブログを

始めた作品の「小さな家」でした。)

 

この間は、BSで山口百恵主演の「伊豆の踊子」が放映されていたので、その感想文も。

 

いつも、

長文の力作で感心します。

公の場に出せばいいのにと、いつも言うのですが、本人は嫌がります。

 

ただ、その批評が本人の性癖を

絡ませてくるもんで、確かに出しにくいとは思います(笑)。

(ワタクシも、40年以上前に、百恵友和の5本立てを観たのを思い出しました。

「伊豆の踊子」 「潮しおさい騒」  「絶唱」 「春琴抄」 「風立ちぬ」   )

 

O君、今日から  CT戦だが、

何度も言うように、今シーズンは、もう終わっているのだから、

いちいちLINEを送ってこないように(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 01

イエスタデイ

「イエスタデイ」

ダニー・ボイルが、リチャード・カーティスの脚本を映画化したユニークな

音楽ドラマ。

無名のシンガーソングライター、ジャックはある日、交通事故に遭遇。

昏睡状態から目を覚ますと

そこは、

自分以外誰一人として

ザ・ビートルズを知らない世界になっていた。

(キネマ旬報からの抜粋)

 

このブログ今日から7年目に突入です。

有り難うございます。

 

改めて、今更ながらビートルズの音楽は素晴らしいですね。

最初は、おちゃらけ映画かなとも

思っていたのですが、

あのダニー・ボイル監督ですので、

そこそこ見れる作品になっていました。(上から目線で、すんません)

でも、やはり、少し物足りないかな。

終わり方も、こういうラストとは思いませんでした。(唄を広めるとは言え)

リリー・ジェームスが可愛いですね。

 

父が亡くなりました。

89歳でした。

少しばかり、このブログにも書きましたが、

広島から、夜逃げ同然に出てきた祖父。

大阪で事業を起こし、大成功し、その後に父は七番目の子供として

育てられました。

それはもう、戦後でもあり、また商売でもあり

ここに書けないことがほとんどの世界でした。

しかし、阪神大震災で、総てのものを失い、

病に倒れ、自身のルーツであり、

また、母の里でもある広島に移りました。

この広島での15年間は

本当に幸せな晩年だったと思います。

自身は”そんなことはない”と

いうと思いますが、皆にお世話になり、また母の看護もあり

恵まれていたと思います。

 

本当に、皆さまにはお世話になりました。

有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月 23

存在のない子供たち

「存在のない子供たち」

カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したヒューマンドラマ。

わずか12歳の少年ゼインは、

両親を相手に裁判を起こす。裁判長からその罪を

尋ねられた彼は、

”僕を生んだ罪”と答える。
中東の貧民街で生まれたゼインが、

両親を訴えるに至った経緯とは・・・・・・・・。

(キネマ旬報からの抜粋)

レバノンとフランスの共同制作作品です。

ドキュメンタリーみたいな映画でした。

 

しかし、やはり つらい映画です。

同じこの国に逃れたGさんとの、余りにもかけ離れた事実。

そして、現状、アメリカでは黒人差別で、また暴動が起こっていますが・・・・・・。

アメリカ先住民族(インディアン)の事も思い出されます。(「ウインド・リバー」)

 

 

やはり、地球上、

人類というものから、

差別は(特に弱い者に対しての)なくなることはないでしょう・・・・・・ね?

白人対有色人種。

白人は、優秀なの?

日本人でも、外見を白人に似せようとする人も多い(良いか悪いかは別)。

でも、両者の言い分、

ボクでも、スジを通せば、とか思うこともありますが、

やはり、アジア人に肩入れしてしまう?(笑)。

これからの長い歴史が、解決するのだろうか。

 

 

コロナウィルスも、最終的には

弱いところに行っています。

強いものが、弱いものを助けるのが、動物との違いなんでしょうが、・・・・・・・。

 

それとも、コロナが人間の数を調整しているのでしょうか。

 

環境問題にしても、

地球をむしばむ人類は、よく癌に例えられます。

 

おおさかシネマフェスティバルで良くお話しさせていただく

エッセイスト、映画評論家の武部好伸さんを、

この間から、テレビで何度も拝見いたしました。

相変わらず、ユニークなお話しで、笑ってしまいました。

 

プロ野球、始まりましたが、・・・・・・・

今年は、終了致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月 17

日々徒然に 第3弾洋画篇 「ゴッドファーザー」 「パンズラビリンス」

日々徒然に

では、洋画の第3弾。ご笑覧下さい。

カプリコン1    愛のファミリー    ビリージョー愛のかけ橋    天国から来たチャンピオン

グッバイガール     ザッツ・エンタテインメント     タクシードライバー       ブリキの太鼓

レイダース失われたアーク      普通の人々      レイジングブル      ある日どこかで

ヤングゼネレーション       オールザットジャズ      ロボコップ

Ùボート      アンタッチャブル         ラ・バンバ    ザ・フライ       ラストエンペラー

ライトスタッフ      ワンスアポンアタイインアメリカ      コーラスライン     アマデウス

ターミネーター      羊たちの沈黙     ゴッドファーザー         ゴッドファーザーPARTⅡ

許されざる者     クールランニング       フェイス/オフ      恋におちたシェイクスピア

運動靴と赤い金魚        キル・ビル       ラストサムライ       猟奇的な彼女

ミスティック・リバー     力道山         007/カジノロワイヤル     ユナイテッド93

ナイロビの蜂      ホテル・ルワンダ     ドリーム・ガールズ     パンズラビリンス

洋画も、とりあえずこの辺で(笑)

またの機会に。

 

前にも少し書きましたが、ボクのブログ(もうすぐ7年目に突入します)

一応社外に向けて発信していますが、(メーカー、お客様、おおさかシネマフェスティバル関係者の方々)

もともとは、

友達や親せきに

無事を(笑)知らせるのが目的でした。

 

ご存じの方も多いのですが、

僕は

あるメーカーの一族の片隅に生まれ、(ホント、片隅)

阪神大震災で

父の代わりに受け継いだ会社が、倒産そして自己破産。

現在は亡くなった義父の会社。

 

でも、ここもバブルのはじけた後で、青息吐息状態。

しかし、たくさんの方々のおかげで、

何とか、V時回復。

ここ4,5年は、落ち着いていたのですが、このコロナ禍。

 

もう少し頑張ります。

あきらめないで、やるべきことをやります。

 

後は、運です。

 

”自分の意志では、世界は変えれない。

  しかし、人生は変えれる。”   「ウインド・リバー」から

 

 

 

 

 

 

 

 

6月 16

日々徒然に 第3弾邦画篇 「リング」 「血と骨」 

日々徒然に

性懲りもなく第3弾(笑)。

でも、そろそろ、劇場で観たいですよね。

 

邦画です。

夕凪の街桜の国        陽はまた昇る      父と暮らせば       カーテンコール

パッチギ!     シコふんじゃった。     さびしんぼう      ふたり       疑惑

麻雀放浪記      天空の城ラピュタ       「さよなら」の女たち        リング

学校      阿修羅のごとく     あずみ       血と骨      誰も知らない

寝ても覚めても         39刑法第三十九条     いつか読書する日

流れる      社長道中記       舟を編む       なつかしい風来坊

黒部の太陽       博奕打ち総長賭博       バトルロワイアル

またまた、きりがないので今回はここまで、失礼ごめん(笑)。

 

学生の時の映研の仲間たちと、

この間、流行りのオンライン飲み会を行いました。

やっぱり、飲みすぎますよね。(笑)

 

あれから、40年以上かあ!

 

あの時の事が・・・・・・。

映画作りは、一人ではできないし、みんなで作り上げるもの。

100人近い部員がいて、僕も

表に出たり、裏方に回ったり。

この40年、当然、皆、いいこともあり、また、

しんどいこともあったはず。

でも,元気もらいました。

原点を思い出しました。

もう少し、頑張ります(笑)。

 

(もしよかったら、2015年7月7日の

ブログに「ロッキー」とその当時の事を

書いています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月 10

ダーティハリー

「ダーティハリー」

久しぶりに・・・・・・・・。

2度目です。

クリント・イーストウッドも若いよね。  かっこいいよね。

マグナム44(もちろん、モデルガン)

買いました。

 

最近、学生の時の映画研究会の仲間たちから

お誘いがあり、

グループLINEを

楽しんでいるのですが、何せ全国に散らばっている

多数の仲間たち。

読むのに疲れます(笑)。

 

最近、虚構と現実の事が、よく話題になります。

(例の女子プロレスラーの不幸な事件)

プロレスなんて、特に虚構と現実の組み合わせ。

以前にも書きましたが、サーカスの空中ブランコみたいなもの。

結果はわかっていますが、演じるほうは真剣で気が抜けません。

人生も、何でも裏と表があり、本音と建前、そして、

虚構と現実。

若い時は、そのことをプロレスで勉強致しましたが、

今は、そうです!

映画なんて、それの最たるもののひとつだと思っております。(笑)。

(政治やお商売などもそうですよね。)

純粋だった学生時代に戻りたい(笑)。

 

でも、これからも真面目に

やるべきことは、ちゃんとやります(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

6月 03

遊星からの物体X

「遊星からの物体X」

2回目です。

1982年 ジョン・カーペンター監督作品です。

B級作品の真骨頂と言ったら

怒られそうですが、

CGも使わず、エイリアンなどの見せ方の面白さ。

主役のカート・ラッセルも

このころちょうど、脂ののっていた時期でしたよね。

 

朝ドラ”エール”  今回は、作曲家の

古関裕而さん。

”阪神タイガースの歌(六甲おろし)”      ”栄冠は君に輝く”       ”オリンピックマーチ”

”巨人軍の歌(闘魂こめて)”などなど多数の知られた曲があるのですが、

私の一番印象に残っている作品は、

”モスラの歌”です。

ザ・ピーナッツさんの歌声と共に、

はい、御一緒に

”モスラ~や、モスラ~”

 

 

 

 

 

 

 

 

5月 30

「メリー・ポピンズ」 「第三の男」 「ポセイドン・アドベンチャー」

恥ずかしながら、わが青春時代の ベスト10

今回は 洋画篇

①メリーポピンズ   ②第三の男       ③ポセイドンアドベンチャー    ④ローマの休日

⑤サウンドオブミュージック    ⑥ペーパームーン     ⑦チップス先生さようなら

⑧ガープの世界       ⑨フロントページ     ⑩草原の輝き

 

コロナ禍で、いろいろと

国と都道府県の知事がもめておりますが(笑)。

大統領制じゃあない国ですし、

議院内閣制なのに、結局(知事との)あいまいなところが

あるのでもめるのですよね。

 

だから、今のところは

民主主義ですが、

これからは、憲法についても、これを含めて

皆で考えていかなければと思います。

 

昨日、西宮警察署に行ってまいりました。

もちろん、犯罪関係ではありません(笑)。

たまたま、免許更新と住所変更が、

このコロナ禍と重なったものですから、

めんどくさいのなんのって(笑)。

本当は、今頃、メーカーさんのご招待で

北海道洞爺湖のザ・ウインザーホテルに行くはずだったのに(笑)。

 

次男は職場に近い京都に引っ越しました。

SNS等で人に批判するような行為は、匿名はやめましょう。