10月 19

星屑の町

「星屑の町」

1994年から25年にわたり、全7作が上演された、星屑の会の人気舞台シリーズを映画化。

売れないムード歌謡コーラスグループ・山田修とハローナイツのメンバーが、

歌手を夢見るヒロイン・愛との出会いをきっかけに、

人生が大きく変わり始める。(キネマ旬報からの抜粋)

それにしても、のんちゃんが、

6年間も実写映画に、ご無沙汰だったのは、

もったいなかったなあと、

改めて思いました。

素晴らしい才能と、華のある存在感。

この作品自体は、平凡な出来(失礼!)ですが、

彼女の魅力は、際立っていると思いました。

”恋の季節”とオリジナルの”シャボン玉”

すごく良かったです。

 

週末に劇場へ、映画を観に行ったのですが、

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」  (私は、他の作品がお目当てだったのですが)

すさまじい人の波!

満員電車のごとく、人、人、人。

三密どころの話ではありませんでした(笑)。

凄い人気ですね。

今年前半の赤字を取り返そうということは、分かりますが

ここまで人を入れなくても(笑)。