10月 01

黄金の腕

「黄金の腕」

1955年(昭和30年)製作 日本では、翌年公開。

フランク・シナトラ  エリナー・パーカー   キム・ノヴァク出演

オットープレミンジャー監督。

麻薬問題を扱った、当時でも問題作。

出演者の熱演が光ります。

そして、何と言っても、

エルマー・バーンステインの、モダン・ジャズの素晴らしいこと。

作品を引き立てていましたね。

 

いよいよ、アメリカ大統領選も

近づいてきました。

はたして、どうなるのでしょうか?

世界中の注目です。

 

10月に入り、弊社も今期半分が

過ぎました。

残り半期、どうなるのでしょうか?(笑)。

って、笑ってられません。