9月 01

リチャード・ジュエル

「リチャード・ジュエル」

クリント・イーストウッド監督が、アトランタ オリンピック爆破テロ事件の

真実に迫ったドラマ。

1996年。オリンピック開催中に爆破テロが発生。

容疑者として逮捕された、爆弾の第一発見者リチャード・ジュエルを

救うため、弁護士のワトソン・ブライアントが

立ち上がる。(キネマ旬報からの抜粋)

やっぱり、イーストウッド監督は

話の持っていき方が、うまい!

ちょっと、強引なところも有りますが・・・・・・・。

サム・ロックウェルは、上手いねえ。

 

安倍首相、お疲れさまでした。

色々と言いたいことは有りますが・・・・・・・。

それにしても、次は、菅さんか⁈

意外と、岸田さん、人気ないですね。

タイガースの藤川投手も、お疲れさまでした。