8月 26

ジョジョ・ラビット

「ジョジョ・ラビット」

「マイティ・ソー バトルロイヤル」の タイカ・ワイティティが

監督・脚本・出演を務めたコメディ。

第二次世界大戦下のドイツ。

心優しい10歳の少年ジョジョは、

青少年集団ヒトラーユーゲントで、立派な兵士になるため、

空想上の友だち”アドルフ”の助けを借りて、

日々奮闘していた。(キネマ旬報からの抜粋)

喜劇なんだけど、悲劇。高評価の作品です。

ボクの好きな今村昌平監督の悲喜劇みたいな作品なんだけど、

もひとつなじめないのは、洋画と邦画の違いかしらん。

前半は、ややもすれば退屈だったのですが、後半は

俄然面白くなりましたね。

サム・ロックウェルが、もうけ役です。

 

先日、日本経済新聞に池上彰さんの記事が

掲載されていたのですが、

アメリカのトランプ大統領や、その娘も

あのハーバード大学級の大学に

ある程度の学力さえあれば、

コネやカネで簡単に入れるのが、最近のアメリカらしいです。(卒業は難しい?)

だから、益々、一流大を卒業したセレブな人たちは

上から目線で、モノを言い、大衆の気持ちが解らない。

そんな、時代だそうです。